プラズマクリーナーを利用するメリット

近年の電子機器の製造においては、プラズマクリーナーは欠かせない存在となっていることが少なくありません。その理由は様々な部品の接着効率を高めることにより、初期不良を著しく減らすことができるほか、その組み立てにおける作業効率を高めることにも大きく貢献していることが挙げられます。近年の電子回路を構成する部品は非常に集積化されている傾向があり、さらに面実装と言われる表面に接着をするだけの固定方法が行われていることが少なくありません。従来は基板に穴が開いておりこの部分に端子を差し込むと言う仕組みのものが主流だったのですが、効率の良い実装を行うために基板の両面に部品を実装することが主流となり、そのため基板に穴を開けることができなくなってしまったため、表面に接着をする方式が主流となりました。

そのため従来は穴に端子を差し込んで半田で固定すると言う方法が行われていたのですが、面実装が主流となったことでこの方法を利用することができず、強固に接着を行うことが必要となっています。しかし部品の表面積が小さいために接着効率を高めることができず、そのために表面を傷つけて出来る限りその表面積を増やす必要があり、そのためにプラズマクリーナーを利用することが多くなりました。プラズマクリーナーは基板の表面のゴミやほこりを取り去り、同時に表面を適度に荒らすことでその表面積を大きくする効果を持っています。これを瞬時に行うことができるため、現代の面実装の基板洗浄には非常に効果的に利用されるものとなっているのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です