低圧プラズマクリーナーのメリット

プラズマクリーナーの中には、低圧チャンバーを使うものがあります。名前の通り庫内が真空に近い状態にしてあることで、圧力が低くなっています。一般的な生活環境である大気中はとても不安定な状態で、均一な状態を作り出すことが難しい環境です。そんな中で気体を利用するような処理を行うと、密度の差によって効果にばらつきができてしまいます。

それでは品質に影響ができてしまうので、改善が必要です。真空に近い状態にすることで、均一に近い状態を作ることができます。低圧プラズマクリーナーは庫内を真空に近い状態にするために、陰圧ポンプが必要となります。対象となる素材を入れたあとで真空にするために空気を引いていきます。

目標となる気圧まで引くことができたら、プラズマを発生させます。このときには残り少ない気体が庫内に充満していて均一になっている状態です。それらすべてがプラズマ化することで素材を取り巻く空間全てでクリーナーの効果を得ることができます。低圧プラズマクリーナーは少ない気体で十分な効果を発揮することができるので、とても効率がいい装置といえます。

他のクリーナーと比べても素材への影響が少ないプラズマクリーナーで、効果が得られる最低限のプラズマ現象で目的を達成することが可能です。素材が大きくなるとそれだけ大きな空間が必要となり、さらに大きな空間を真空にするだけのポンプも必要となります。ある程度の大きさのものだけに適したクリーナーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です