素材を選ばないプラズマクリーナー

洗浄処理はいろいろな方法があります。例えば薬品によって汚れを浮かして洗い流すようなことや、ブラシなどの物理的な力によって剥がし取るようなこともあります。それぞれ長短があり、素材によって利用できないことは解決すべき問題です。特に薬品に影響を受けるような場合や強度のない部品への過度の力などは品質低下の原因になります。

そして洗浄効果が最も高い方法を選ばないと、意味がないと言う問題もあります。そんなときに検討したいのがプラズマクリーナーです。プラズマクリーナーはプラズマ現象によって素材に付着している有機物を分解して取り除きます。取り除かれた有機物はプラズマに取り込まれてしまうので、再度表面に付着するようなこともありません。

薬剤を使うこともないので、耐薬性が低い素材でも使うことができます。液体による影響も考える必要がありません。プラズマの処理は非接触で行われるので、素材の表面に力をかけるようなこともありません。強度の低い素材でも問題なく利用できます。

プラズマクリーナーが利用できる素材としてガラス系、金属ならアルミやステンレス、プラスチックではナイロン、アクリル、ポリアミド系など多岐にわたるもので利用できます。変形や表面の傷などのトラブルなども皆無なので、処理後に残留する力なども気にしなくて大丈夫です。有機物の除去率は100%に近いので、安心して次の工程に進めることができます。効率に影響を与えずに使えるのがプラズマクリーナーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です