半導体の製造に欠かせないプラズマクリーナー

プラズマクリーナーは、プラズマ技術を使って表面の超微細なクリーニングを行うことができる装置のことをいいます。半導体や電子デバイスの製造には欠かせないもので、プラスチックや金属、ガラスなどのコーティングを最適に行う目的でも使われています。半導体はスマートフォンなどに使われており、技術の進化と共に小型化が進められてきました。多様な機能を1つの部品に詰め込むため、小さい形状ながらその内部は複雑化しています。

それにより従来までよりも高度なクリーニングが求められるようになり、用いられることになったのがプラズマクリーナーです。プラズマクリーナーの用途には、まず有機物を取り除くことが挙げられます。それから金属酸化物を取り除く働きがあり、これはエッチングと呼ばれています。また、接着効果を高める働きもありますし、フィルムの表面を綺麗にして改善する働きもあります。

材料の表面にダメージを与えることがないので、安心して使用することができます。クリーニングに溶剤を使用しないので、地球環境にも良いというメリットがあります。プラズマクリーナーは自動車業界などもでも用いられています。車体に塗装をする際などに使用すれば、細かな粒子を取り除けるので不良が起こる確率を大幅に下げられます。

コストパフォーマンスが高いので、非常に経済的に良い効果が期待できます。製造している商品の品質を高めたり、生産性を良くする効果があります。プラズマクリーナーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です