プラズマクリーナーのメリットとは

精密機器や医療器具の製造現場では、プラズマクリーナーを用いて製品の洗浄作業が行われています。これは、電離したプラズマ状態のガスを製品の表面に照射させることにより、付着した不純物(有機物)を酸化・蒸散させて除去するための装置です。従来の洗浄液を使用する方法と比べると、プラズマクリーナーには多くのメリットがあります。プラズマクリーナーの最大のメリットは、溶剤や洗浄液が一切不要であることです。

洗浄液を一切使用しないことから、処理後の製品の乾燥工程が不要です。ドライ環境下で一連の洗浄処理が完結するので、溶剤の影響で製品の表面に悪影響が及んだり腐食される心配もありません。このため、微細な配線が施された精密機器の電子基板の表面を洗浄することも可能です。プラズマガスは凹凸のある形状の表面でも均一に照射・洗浄することができるので、小さな隙間の奥に付着した汚れを除去することができます。

プラズマクリーナーは溶媒や洗剤を使用せずに汚れが除去できることから、廃液処理の必要がないという利点もあります。一般的に油分を洗浄・除去する場合には、腐食力の強い洗剤を使用する必要が生じます。油分が除去できる強力な洗剤は環境負荷が高いことから、廃液の処理に高額な費用がかかるという欠点があります。洗浄液や洗剤を一切使用しないプラズマクリーナーを利用すれば廃液処理のための手間や費用が削減できるので、製造コストを下げることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です