コンパクトなプラズマクリーナーを選ぶ

プラズマクリーナーを研究室等で導入する際、省スペースで設置できるのが卓上型です。コンパクト設計になっている分、チャンバー容積にも違いがあるから密度の高さも納得の処理が行われますし、時間も短時間で済む製品が多いです。試料に合わせてモードを変えることができるタイプは、より効率的なクリーニングにつながるでしょう。発生出力の調整が簡単にできるようになっているプラズマクリーナーが多いから、操作性についても心配はいりません。

それでもいい処理ができるかどうか不安が残るのであれば、デモを依頼するとよいでしょう。使い勝手がわかりますし、実施にその装置で対応できるかなどを見ることができます。複数の機種で迷っているとき、実際に比較して選ぶこともできるためデモを利用すれば導入を失敗するリスクを避けられます。導入を予定している時期より早めにデモ依頼を行い、スムーズな選定につながるようにしましょう。

オプションで標準とは違ったタイプを選べる場合もあるから、プラズマクリーナーを導入するときには、カタログなどで製品仕様書も確認して機種の違いを比較します。迷う場合には、導入プランの提示を依頼するのもよいでしょう。見積もり依頼でもいいので、使用目的や必要スペックなどを伝えて提示を受ければより選びやすくなります。世界のメーカーを取り扱っている販売店に依頼すると、より幅広い提案を受けることができますが、故障した際の修理対応がすぐに行えるかどうか確認することも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です