クリーニング効果があるプラズマクリーナー

半導体の製造工程でエッチングを行ったり、金属同士を溶接や半田付けなどでくっつけたりする時に、金属や半導体に不純物が付いていると、エッチングや金属の溶接がうまく出来ません。面から不純物を排除して綺麗にする必要があります。その時に使われるのがプラズマクリーナーです。プラズマクリーナーは、プラズマを活用して不純物除去を図って、クリーンな環境を作り出し、製品の品質と生産性の向上を図れます。

半導体製造だけでなく、レンズの製造や医療処置具の製造、印刷の向上、コーティング剤の密着性を高めるのにも使われています。プラズマクリーナーは、研究開発用途からプロセス用途まで様々なシーンで使われています。機器のサイズは従来製品よりもコンパクトな物を発売しているメーカーもあるので、導入する時にスペースの問題をクリアし易くなってきました。ドライクリーニングは、半導体業界を中心に広く活用されているクリーニング方法ですが、これを行うのに主に使われているのがプラズマクリーナーです。

表面処理や加工処理をスムーズかつ効率良く行っていくには、不純物が加工表面に付かないようにする事がとても重要になってきます。品質の低下を招かないようにするには、加工工程や表面処理工程でクリーンな環境を維持し続ける必要があります。プラズマクリーナーは、ドライクリーニングを行えるので、クリーンな環境を提供する事ができ、半導体などの品質を大幅に引き上げる事に貢献しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です