現代に注目されるプラズマクリーナー

日本でも新型コロナ感染拡大が深刻です。それに伴い多くの人が行動制限がかけられ、自由に行動できない生活が強いられるようになっています。自由に行動できず自宅での自粛生活であると、買い物も仕事すら気軽に外を出歩くことが出来ないのです。新型コロナ感染は飛沫や接触感染が主な感染源とされています。

飛沫感染はマスクやフェイスシールド、衝立などでブロックすることが可能です。しかし物を介した接触感染は、すべてを完全にクリーニングし、消毒することは不可能です。表面がむき出しなエレベーターのボタン、ドアのノブなどはアルコールでふき取り除菌が可能です。しかし医療器具などは構造が複雑で、細部にまでふき取りアルコール除菌することは困難なのです。

こうした医療機器のクリーニングや除菌が難しいことで、医療機器を介してコロナに感染することも珍しくはありません。そこでおすすめなのは、医療機器などに代表される難しい物のクリーニングにプラズマクリーナーを用いることです。プラズマクリーナーはガラスプラズマ放電によって、手の届きにくい繊細で細かい細部までクリーニングすることが可能なのです。医療用のチューブ、医療器具、吸入器などと言った物のクリーニングにも最適で、院内の二次感染の抑止にプラズマクリーナーは役立ってくれるのです。

プラズマクリーナーの汎用性は医療器具にとどまりません。研究所やオフィスなどの空間や空気のクリーニング、バイオメディカルマテリアルなどにも応用が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です