プラズマ洗浄装置の基礎知識

by:

プラズマ洗浄装置洗浄

まずプラズマとは一体何かですが、これは気体に一定以上の力を加えて電子を原子から分離した結果、得られるものです。固体に熱などの力を加えると液体になるように、気体はプラズマへと変化するわけです。この仕組みを使って部室の表面処理を行うのが、プラズマ洗浄装置の基本的なメカニズムと言えます。プラズマによって荷電粒子を発生させて、これでゴミを分解除去していくわけです。

電子基板の洗浄にも使われますが、他に金属やガラスなどにも応用できるとされています。プラズマ洗浄装置を使えば溶剤などの液体を使わないので、色々なメリットが得られます。まず液体に弱い製品でも対応できますし、化学薬品を使わなくて済むので環境や安全性への配慮もしやすいです。特に危険な溶剤を使う場合は取扱や処理に専門的なスタッフ、施設が必要になるでしょう。

またかなり微細なゴミまで除去できるのもプラズマ洗浄装置の大きなメリットの一つです。精密・高感度を要求される場合にもうってつけでしょう。これまでエアー噴射などで対応していた作業も、プラズマ洗浄装置に切り替えることで更に高精度な表面処理ができる見込みもあります。もちろん物凄いエネルギーを使うように見えますが、表面へのダメージは心配いらないレベルです。

液晶基板などでも安心して利用できるモデルもあります。逆にプラズマを使って改質を行う場合もあるので、基板などの洗浄を検討中の場合は、積極的にリサーチしてみるのがおすすめできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です