プラズマ洗浄装置について

by:

プラズマ洗浄装置洗浄

プラズマ洗浄装置はプラズマクリーナーともいいます。プラズマ処理の原理として、大気圧を低くした中に、アルゴン原子を入れ込んで電気を発生させます。この電気によって汚れを落とします。つまり化学反応を利用するもので、普通の洗浄と言われる洗剤などを使ったものとは大きな違いです。

洗剤を使わないことから洗浄する物自体の汚れだけを取り除き、物自体を傷つけないといったことが大きな特徴です。最近開発されたものであり、一般の家庭で使うには技術的にも値段的にもまだまだと言えます。なにせ汚れを落とすまでの過程がひじょうに複雑であり、どのようなものかと言っても説明が難しいです。気圧を電気が関連したクリーナと思えば小学生でも理解ができるのではないでしょうか。

プラズマ洗浄装置の関連した商品はありますが、研究や企業で使われており、家庭で使う用途としてはまだと言えるかもしれません。大型であり操作が複雑でもあるので、家庭に持ちこんだとしても、敬遠されることが多いかもしれません。もし使うのであれば代理店を介在したかっこうになるでしょう。デモに興味があれが扱っている代理店に直接足を運んでいいかもしれません。

高周波出力やプロセスガスなど専門的知識を要求されるときもありますので、前もって基礎知識を持っていることは大切なことです。電気電子関連の仕事をしている人であればある程度の理解は大丈夫かと考えます。おそらくプラズマ洗浄装置がこれからさらに改良されれば小型化されて安くなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です