精密機器の生産性向上に貢献するプラズマ洗浄装置

精密機器を製造している企業が安定して事業運営を行うためには、生産性を向上させて短い納期で高品質な製品を納品しなければなりません。品質と同時に生産性を向上させることが、顧客から高く評価されるための鍵となります。高品質な製品を製造できたとしても、納期が長くなってしまうと顧客からの信頼を得ることはできません。品質と生産性の向上に取り組み、既存客から高く評価されるようになれば新たな取引先や販売経路の獲得につながります。

顧客からより高い評価を得たいのであれば、コストパフォーマンスについて考慮することも大切です。品質や生産性が大幅に向上したとしても、コストパフォーマンスが悪ければ顧客から高評価を得ることはできません。品質と生産性を向上させつつコストパフォーマンスの改善を図ることが大切です。精密機器を製造する際には有機物や無機物で構成された汚れが生じるため、何らかの方法で取り除く必要があります。

多くの製造業の現場ではドライ洗浄を行うプラズマ洗浄装置が使われています。プラズマ洗浄装置はプラズマが発生する過程で生じるイオンや原子を使い、精密機器の表面に付着した汚れを取り除きます。ウェット洗浄のように薬液を使わないので、後からリンスで洗い流して乾燥させる必要がありません。少ない工程で手間をかけず高品質な製品を作ることができ、コストパフォーマンスも優れています。

プラズマ洗浄装置を使う場合、薬液を洗い流すためのリンスが不要になり作業工程が少なくなるので人件費も削減できます。この装置を導入すれば高品質な製品を短期間で納品して顧客から高い評価を得ることができるため、安定した事業運営が可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です