精密機器を作る上でプラズマ装置は欠かせません

by:

プラズマ装置工場/機械清掃

半導体やレンズ、電子デバイスなど精密機器の品質と生産性を向上させるにはプラズマ装置が不可欠です。プラズマ装置はドライ洗浄を行うため、薬液を使うウェット洗浄よりも少ない工程で細かな異物を取り除くことができます。ウェット洗浄は異物を除去した後で、リンスを使って薬液を洗い流し乾燥させなければなりません。プラズマ装置を使えば工程数が少なくなるので生産性が向上し、高品質な製品を短い納期で納品できます。

企業が顧客の信頼を得て円滑な営業活動を行う上で、この装置は重要な役割を果たしています。優れた製品を開発したとしても価格が高過ぎたり納期が遅かったりすると、売上の増加につなげることができません。半導体などの精密機器は高い精度が求められる一方で、価格をなるべく抑えて短い納期で納品する必要があります。中国や東南アジアなど経済発展が著しい地域では、優秀な人材を安い人件費で雇うことができます。

日本からも多くの企業がこれらの地域に工場を移転しており、品質の向上とコスト削減は重要な課題です。プラズマ装置を使えば品質と生産性を大幅に向上させ、無駄なコストを省いて市場における競争力を高めることができます。この装置には処理方式の違いによってRIEモードとDPモードの2種類が存在します。前者はアルゴンイオンを有機物や無機物に衝突させて弾き飛ばしますが、後者は酸素原子が有機物と化学反応を起こして水分子や二酸化炭素に変えます。

製造業の現場では、精密機器の製造過程で生じる異物の種類に応じて最適な方のプラズマ装置が使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です