プラズマ装置の取り扱いには注意が必要

by:

プラズマ装置工場/機械清掃

基板洗浄を一瞬で行い、また部品の接着効率を高めることができるものとなるプラズマ装置は、電子機器の製造現場で広く用いられるものとなっています。非常に簡単に操作できる構造のものも増えているため、普段何気なく利用していると言う人も多いのですが、実は様々な危険をはらんでいるものでもあるため、この点を十分に意識して利用することが大切です。プラズマ装置の動作原理は、瞬間的に後電圧を発生させるプラズマの原理を応用したものとなっています。このプラズマは雷と同じような効果を持ち、電流が瞬間的に通過をするため対象となるものに強いダメージを与えてしまうことが少なくありません。

基板洗浄は基本的にこの効果を利用して表面の様々な物質を除去し、同時に基板の表面を傷つけると言う効果をもたらすものですが、その使い方を誤ると大きなトラブルに発展する危険もあるため注意が必要です。プラズマ装置の発生する後電圧は雷に比べると非常に低いものとなっていますが、その出力電圧を誤ると表面の汚れだけでなく、基板にプリントされている回路を破壊することになるため注意をしなければなりません。また表面を適度に傷つけるばかりでなく基板自体を破損してしまう恐れもあるため、その設定には十分な配慮が必要です。加えて周囲に燃えやすい物などがあると引火する恐れもあるため、その対策も十分に行わなければなりません。

プラズマ装置は電子機器の製造工程を短縮する非常に便利なものですが、取り扱いを誤ると大きなトラブルを生み出すことを十分に認識し、使用することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です