プラズマ装置が可能にする除菌効果

by:

プラズマ装置工場/機械清掃

2020年2月以降、公共施設はもちろんのこと一般家庭でも徹底した消毒をなされるようになりました。事の発端は中国・武漢で発生した新型肺炎の影響であり、今では日本をはじめ世界中で猛威を振るっているほどです。インフルエンザの100倍以上の感染力を示しており、徹底した消毒と飛沫防止対策をしないといけません。大勢の人々が集まる施設に至っては。

厚生労働省から空気清浄機に設置を義務付けられるようになっています。その装置のメイン機能となっているのがプラズマ装置で、陽電子を空気中に放出することでウイルスを細胞単位で分解することが可能です。ここでは簡単に、プラズマ装置の基本的な概要について見ていきましょう。100平方メートルの敷地に向いているプラズマ装置の場合、約100ボルトの電源で作動をさせることが可能です。

毎秒10立方センチメートル分の陽電子を放出しており、空気を綺麗に除菌することができます。プラズマ装置の優れている点は、電気の力を駆使しているため特別な薬品を使用する必要がないところです。アルコール消毒などを空気中に噴霧をすると、小動物に悪影響があったり精密機器が故障する恐れがあります。しかし、プラズマ装置であればその心配がないので、安心して効率良く除菌をすることが可能です。

業務用であればリースサービスにも対応しているため、レストランや居酒屋・パチンコ店など不特定多数の来客が見込めるところで導入をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です