企業の経営を助けるプラズマ装置とは

by:

プラズマ装置工場/機械清掃

製造業を営む企業が事業を円滑に進めたいのであれば、品質と生産性の向上を図る一方でコストを削減しなければなりません。品質や生産性の向上とコスト削減を同時に行うことが可能なプラズマ装置は、半導体などの精密機器を製造する現場で不可欠な存在となっています。精密機器を製造する過程では有機物や無機物を主成分とする様々な汚れが生じており、何らかの方法で除去しなければなりません。製品の品質を高めるために細かな汚れを除去する技術は、ウェット洗浄とドライ洗浄に分類できます。

ウェット洗浄は、汚れを除去した後で薬液を洗い流して乾燥させなければなりません。薬液の処理と乾燥という工程が必要になるため、ドライ洗浄と比べて手間がかかってしまいます。顧客の信頼を獲得して売上を増やすには、高品質な製品を短い納期で納品する必要があります。ウェット洗浄では手間がかかるため納期を早くすることはできませんが、ドライ洗浄ならば薬液を使わないので可能です。

プラズマ装置を使うと少ない工程で高品質な製品を作ることができ、ウェット洗浄と比べて納期が早くなります。工程数が少なくなり生産性が向上すると、人件費などのコストも安く抑えることができます。製品1個あたりのコストが安くなれば、価格も抑えられるのでさらに顧客満足度が向上します。プラズマ装置を使うと優れた製品を低価格かつ短い納期で販売可能になるため、企業の評価が高まり売上の増加につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です